2012年04月13日

日々の憂さを思い煩うこと、なく

SH3E0475.jpg
太古の昔から人々は桜を愛でてきた。
・・・どんな想いで?
あの、あっと言う間に咲き、散ってゆく桜を見上げていたのだろう?
・・・もしかしたら、
昔の人々が見ていた桜は、今私達が見慣れたものとは違う桜かもしれない
それはどんな桜?
・・・皆、
様々な想いを馳せて 散り急ぐ桜を惜しんだのだろう

人の一生など短い
花の命と同じようなものじゃないか
ならば
日々の憂さを思い煩うより
その一瞬の美しさに心を留めたほうがどんなにか・・・

ふむ。
なんか一つ、悟ったような気がした夜だった(^.^*
posted by asumi at 02:27| 東京 ☀| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ〜綺麗な桜ですね(^-^*
やはりぼぉ〜っと素直に綺麗だと眺めていたいって私も思います♪

なんか・・・桜が頻繁に歌に歌われるようになったのは平安時代で、山に桜を見に行っていたようです。その前は梅のほうが多かったのだとか・・。

これから四季折々の花が咲いていくので、いろんな花を愛でたいですね♪

Posted by 泉 りん。 at 2012年04月13日 20:48
りん。ちゃん、こんにちは!

今日は雨ですねぇ。東京は、満開から過ぎた桜が
この雨で大方散ってしまうのかな。

桜が注目されるようになったのは、平安時代からなんですかぁ!(^.^*
・・・だけど 山まで見に行っていたということは、
今ほど桜は巷になかったのでしょうね。
ん。なんかそれっていいなぁ♪(^−^*

おそらく昔は・・・今ほど娯楽はなかったのでしょうから、
人々の心和ませ、弾ませてくれる「花」は、
今よりずっと素直に、ストレートに人々は愛でていたのじゃないかと思います。
昔の人のほうが今より、自然に対し感性は鋭かったと思う。
私も雑多なことで思い煩うのを止め、自然に心を開きたいです(^-^*
Posted by asumi1727 at 2012年04月14日 10:27
あすみん、おはよう〜。 昨日はありがとね。

さっき、地面におちた椿の花を掃いていたの。
もう〜花びらだけでゴミ袋にいっぱい集まるから重いのなんの。

箒で掃きながら
今年ももてはやされた桜の花びらも地面に落ちてからは
掃除されながら落ちた花びらに感謝されることは無いんだろうなって思っていたの。

たまにはいるのかな。
少なくとも私にはそんな細やか神経はないわ(^^;;
Posted by まみん at 2012年04月25日 11:16
おおお!まみんちゃん!
早速来てくれてありがとぉ(^o^)/

こちらこそ、昨日はありがとね〜〜〜!
・・・実は明日(木曜日)、またしてもアリオ橋本に行くことになった(笑)
ミシガン時代の友達が日本に来ててさ・・・八王子に住んでるKちゃんと、
三人で会ってどっか食べにいこうということになったんだけど
八王子に適当なとこがなくて、結局、、、^^;
いや、いろいろお店はピックアップしてみせたのだけど
「高いとこはやだ」って言うから^^;
アリオ橋本なら八王子から近いし、いろいろレストラン入ってるしってことでね。

椿の花の掃除をしたのかぁ〜・・・袋一杯になるなんて、相当だね(汗)
・・・確かにあの花はぼってりしてて、かさがありそう^^;
そうだね。花は咲き誇っているときが華で、散って(落ちて)しまってからは、、、
それに感謝する人なんていなそう(−−;
でも桜は散ってから枯れて縮んであまりゴミにならないけど、
椿はあまりかさが減りそうにない気がする^^;
木蓮もそう。落ちた花びらはなんとなく汚く思えてしまう(−−;
こんなこと思うのは人間だけかもしれない。
勝手なもんだよねぇ〜(はぁ。。。)
Posted by asumi1727 at 2012年04月25日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。